スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LCS使用リスト

モンスター(22枚)
ローンファイア・ブロッサム×2枚
ライトロード・ハンター ライコウ×3枚
ドッペル・ウォリアー
デブリ・ドラゴン×2枚
ダンディライオン
ダーク・アームド・ドラゴン
スポーア
ジャンク・シンクロン
グローアップ・バルブ
クリッター
キラー・トマト×2枚
カオス・ソーサラー×3枚
カードガンナー×2枚
エフェクト・ヴェーラー

魔法(10枚)
貪欲な壺
増援
死者蘇生
光の援軍
月の書
ワン・フォー・ワン
ブラック・ホール
ハリケーン
スケープ・ゴート
おろかな埋葬

罠(8枚)
神の宣告
激流葬
リミット・リバース×2枚
リビングデッドの呼び声
トラップ・スタン×2枚
ダスト・シュート

エクストラデッキ
C(チェーン)・ドラゴン
TG ハイパー・ライブラリアン×2枚
アーカナイト・マジシャン
アームズ・エイド
エンシェント・フェアリー・ドラゴン
シューティング・クェーサー・ドラゴン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン×3枚
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

サイドデッキ
A・ボム
D.D.クロウ×2枚
エフェクト・ヴェーラー
サイクロン×2枚
ニュードリュア
パペット・プラント
ライトロード・マジシャン ライラ×2枚
異次元からの帰還
神の警告×2枚
精神操作
魔のデッキ破壊ウイルス

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

Legend Champion Ship


momoさんに煽られ、折角出場させて頂けたことだし、拙いながら久々にレポートを上げることにします。

・開催前日(5/3)
MTGの日本選手権予選@福山に参加したその足で東京まで遠征していたので、半死でけーあいさん、Hataさん、Aitsuさん、momoさん、漁火さん、トオフさんらに調整を付き合っていただく。
特にトオフさんは毎回宿を提供して頂いて凄く助かってます、改めてありがとうございます。
肝心の調整の方は、60/70しか決まっていないデッキが68/70まで煮詰まって有意義なものでした。
特に《魔のデッキ破壊ウィルス》のリスク、リターンが確認できて良かったです。

・LCS当日(5/4)
デッキシート提出寸前までCaw-Blade(MTG現Tier1)をソリティアしながら、サイド、エクストラ1枚ずつについて模索していました。
挙句の果てにはジャッジの鉄蟹さんにサイドを相談する始末、これでは勝てない・・・w


使用:デブリダンディwithジャンクドッペル

・R1/アーサーさん/ミラー/×○○
G1:
序盤はミラーのお家芸、ドローゴーでターンが進む。
中盤、相手の細かなカドガンでライフ、墓地ともに差が付き始めるが、ダムドを初めとするパワーカードはこちらが先に揃えていたので、見切り発車でコンボスタート。
しかし、ハリケにチェーンされる形でリミリバ&リビングが放たれ、トリダムドもヴェーラーでいなされ、あまりアド差を付けられないまま、ターンを返してしまう。
無論、そのような甘えが通用する相手では無く、逆にトリカオソで返され詰み。

G2:
先手ダストからクリッターでテンポとライフを奪い、そのまま押し切り勝ち。

G3:
後手のこちらが3T目にダストを発動した所でET突入。
確認したハンドが重たく、妨害札もクロウ1枚だけで、これにご帰宅願う。
ライフこそカドガンに削られるも、この情報を活かし、ET最終ターンでデブリから《ブラック・ローズ・ドラゴン》を擁立、即座に起動効果を使用しダンディを起こし、更にダムドも追加した所でゲームセット。

・R2/東風さん/ドラグニティ/×○○
G1:
渓谷を引かれなかったので、中盤までレギオン、アキュリス対ライコウ、カドガンの細かいアドの取り合いが続く。
展開的にこちらが有利と判断し、アドを温存するプレイに切り替え、通れば勝ちのトラスタを伏せてターンを返す。
しかし、最悪のトップとなる渓谷から相手がコンボスタート。
回り始めたドラグニティと《トライデント・ドラギオン》の前には7000のライフなど誤差でしかなく。

G2:
先手の利を活かし、狼煙となる渓谷に悉くサイクを合わせる。
更に、スケゴ+バルブからライブラを作成し、魔デッキを放つ。
《氷結界の龍 トリシューラ》がビートダウンを開始する頃には相手のリソースは残っておらず。

G3:
先手を取られ渓谷+警告、宣告、サイクという、およそ考えうる最高クラスのコンボサポートを背景にヴァジュランダの重い3800が通る。
返し手を検討し、とりあえず蘇生からのシンクロを試みるも予定調和のクロウ。
仕方なくダンディをセットしワンチャンスを狙おうとした所、追加される☆6シンクロ・・・
が、即詰みとなるブリュではなく、アキュリス+二体目のヴァジュランダで済み、ミスによる貴重な1ターンが帰ってくる。
この機を逃さず、デブリからローズを作り上げ、リソースを奪い去る。
相手の手札2枚は解答を導き出すには程遠く、返しで一挙に展開し終了。

R3/ガンピさん/旋風BF/○○
G1:
相手のモンがヴァーユ、ブリザード、ゲイルしか無く、3枚のヴェーラーの処理こそ手間取るが、終始こちらのペースでゲームを作り上げ、詰ませる。

G2:
先手旋風ブラスト、バック2枚と厳しい立ち上がり。
まずは、二度目の旋風をサイクで処理し、多少のライフと引き換えに、クリッターでトマトサーチ。
このトマトでカルートと相殺、ニュードリュアをリクルートしてブラストにも退場願う。
ここで相手のモンが尽き、返しでテンポを取るためクリッター蘇生→弾圧→リミリバ→サイク→リビングまで繋ぎ、無事クリッター着地、更に弾圧が残る嫌らしい場を作り上げる。
このクリッターで弾圧を機能不全に陥れ、詰み。

・R4/ゲンさん/ジャンクHERO/〇〇
G1:
初手141から4ドロー+トリの構えを作り、秒で畳ませる。

G2:
序盤からカドガン、アナザーにガシガシ削られる苦しい展開。
しかし、カドガンの落ちは奮わず、警告宣告弾圧の確認に成功。
アド的に微妙なものの、シャイニング、カドガン、アナザーに激流を合わせ、とりあえずの延命。
そのターンで相手が伏せ2、モンセットと一息着いた所で意を決する。
まずは操作でセットを奪い・・・予想通りライコウ!
これによって強謙で見えた奈落を割り、漸く機能し出したライラで残るチェンロも潰す。
安全が確認できた所で、カオソと蘇生ゴーズによって残ったライフを削り取る。

4-0で決勝トーナメント進出!

・R5/Brigadeさん/墓地BF/〇〇
G1:
先手3T目、トラスタ、神宣を背景に、相手の薄いバックを無視しコンボスタート。
最終的に《シューティング・クェーサー・ドラゴン》《ダーク・アームド・ドラゴン》《カオス・ソーサラー》と環境最高峰のパワーカードが揃い踏み。

G2:
細かい所は覚えていないが、お互いクロウの打ち合いでジリ貧になった所、トップダムドから一気に天秤が傾き、勝利。


・R6/シャリンさん/六武衆/〇××
G1:
先手からシエンが立つも、門結束は絡まず、後続も続かない。
デブリからすると非常に楽な展開で、2枚の消費でシエンの処理に成功し、リミリバから即トリを投げつけた所で次のゲームへ。

G2:
先手シエン、バック活人2+αと怒涛の攻めに防御札が足りず瞬殺される。
一応141でヴェーラーを引っ張ることができればワンチャンス有ったが、ライコウで落ちるアクシデントも絡み、どうしようもなかった。

G3:
「ダムド、デブリ、スケゴ、操作、ブラホ、神宣」と奮わないオープニングハンドに苦笑しつつ、とりあえず4伏せで返す。
相手もそれほど良いハンドでは無いらしく、同じく4伏せで帰ってくる。
この後、お互い3ターンほど微妙なドローを繰り返し、時間だけが経過する展開に。
「《ハリケーン》を引かれたら詰む」「ETが近く、入れば確実に不利」と判断し、こちらからスケゴを使った無理仕掛けに転じるも、相手の伏せが全て本命、更にクロウまで構えられており、仕掛け札の分こちらが損する結果に終わる。
持ち直しを試みるも、結束からの展開にライフが持ち堪えられず、握手。

結果:ベスト16

正直、無茶苦茶悔しいです。w
LCSが始まる前までは交流目的で望んでいたので軽い気持ちだったものの、6回戦の決定的なミスを今でも後悔している辺り、相変わらず遊戯王大好きだなぁ、と
しかし、MTGに移行したからどうこう、ではなく負けは負け。
あまり触れる機会も無いですが、今度こそ後悔しないように練習期間を取りたいですね・・・

何にせよ、これだけ熱くなれる場を提供してくださったLCSスタッフ一同、また場を作り上げて頂いた参加者の方々、ありがとうございました!

2010年日本代表選考会まとめ

ラジオ感想も含め、長らく放置してきたこのブログですが本日から再始動して行きたいと思います。

まずは東西ベスト4の紹介から

▼'10東日本選考会
・日本代表
NA☆NAさん(旋風BF)
ゆーまさん(旋風BF)

・3位、4位
みのりんさん(儀式天使)
MOSUTOさん(インフェルニティ)

▼'10西日本代表選考会
・日本代表
A1さん(デブリ植物猫)
レオパルド(COACH∞)さん(マシンガジェ)

・3位、4位
HAJIMEさん(墓守帝)
Cocoaさん(黄泉帝)

東については、【儀式天使】を除けばほぼ前評判通りの結果と言える。
ベスト8時点でBF:インフェル:他の割合が5:1:2であり、会場全体でも【旋風BF】使用者が非常に多かったため、勝ち上がる確率も相当なもの。
その中でミラーマッチを制する構築を採ったプレイヤーが勝ち上がるのも当然かと。

問題は西で、大荒れと見るか、メタゲームの変遷と見るか微妙な所。
個人的には、【旋風BF】が《王宮の弾圧》をメインに取らないリストが増加したために《氷結界の龍 トリシューラ》を連打するA1さんの構築は正解と言えそう。
逆に、《サイバー・ドラゴン》の増加によって立ち位置が厳しくなった【マシンガジェ】は正直な所良く勝ちあがれたな、という印象。
とはいえ、下記のベスト8デッキを見る限り、取るべくして取った代表なのかな、とも。

【マシンガジェ】
【デブリ植物猫】
【墓守猫】
【黄泉帝】
【旋風BF】
【ナチュルコントロール】
【儀式天使】
【あかりヒロビ】

続きを読む

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

CS入賞デッキと今後

※レシピ、結果が知りたい方は前記事参照

・神戸CS
1位は《剣闘獣ガイザレス》に特化した古風な【剣闘獣】で2位は完全にぶん回し特化の【魔轟神】
正直な所、他の参加者が【旋風BF】や【インフェルニティ】を意識しすぎるあまり、ぶん回りがある地雷が勝ち残ったという印象。
そういう意味では【インフェルニティ】が優勝してもおかしくは無いはずだが、環境最初期であるため、構築が確立されていなかったことや、存在だけが認知されすぎた結果ガンメタに潰されたのだろうと推測。

・横浜CS
以降、暫くの間環境をリードしていく【旋風BF】の台頭。
環境初期のデッキが勝ち抜くために必要な安定性を最も備えていたための結果だと思われる。
その影で【TOD】が実は200人強の参加者中で4名しか持ち込まれなかったにも関わらず、ベスト16に2名、ベスト8に1名残っていることは注目すべき事態。
結果が全てであり、このカードゲーム特有のルールの曖昧さから非公認には向かないものの、公認大会、ひいては選考会での使用を考慮すべきアーキタイプであることを知らしめた大会でもあったかな、と。

・浜松CS
まだ【旋風BF】がミラーマッチより対【インフェルニティ】を意識して構築していた時代。
結果もそれに順じた、ある意味極々普通の大会内容。

・茨城CS
結果だけ見れば、「また旋風か」などと嘆くプレイヤーもいたかも知れないが、注目すべきは1位、2位の構築。
《王宮の弾圧》こそ未だメインではあるものの、《D.D.クロウ》のメインアウト、《デルタ・クロウ-アンチ・リバース》や《スターライト・ロード》の投入など、ミラーマッチを制する構築を練り上げたプレイヤーが確実に勝ちあがっているということ。
デッキジャンルだけでなく、デッキ内容まで確実に研究することで、環境の推移を正確に捉えられたプレイヤーだけが、以降のCSで【旋風BF】を王座から引き摺り下ろせたということだろう。

・ISDCS
遂に【インフェルニティ】が優勝。といっても何ら不思議なことではなく、個人的にも【インフェルニティ】か【ライトロード】が対ミラーの勝率を重視する形に変化した【旋風BF】にデッキパワーで勝利すると踏んでいた。
勿論、優勝者のカード選択には目を見張るべき箇所はあり、【旋風BF】の弱点を的確に突いた【インフェルニティ】として、一つのアーキタイプに成り得ると思われる。
また、3位ではあるものの【ハイビート】の存在にも目を向けたい。
単純に言えば【旋風BF】の弱点、「打点で上回られると厳しい」を浮き彫りにし、テンポ面で圧倒的な優位を築く、という新たなアーキタイプの登場と言っていいだろう。

・はねまんCS
海外限定カードが使用可能、ということでノーコメント。

・東海CS
【ライトロード】が環境に名乗りを挙げた大会。
制限改訂で確実にデッキパワーは削がれたものの、対【旋風BF】では《ライトロード・パラディン ジェイン》や《ライトロード・ハンター ライコウ》で潜在的に相性が良く、対【インフェルニティ】においても《聖なるあかり》《異次元への隙間》などを「デッキパワーを落とさず」サイドイン可能なため、順当な結果と思われる。
特に、直前のISDCSの結果から《王宮の弾圧》の採用率が高まったこともこのデッキには追い風だったはず。
それとは別に、4位の【ガジェット】も確実に【旋風BF】を潰すことに特化するだけで入賞に手が届く環境なのを読み切った素晴らしい采配。

・山口CS
再度【インフェルニティ】が優勝。
一度有力なデッキレシピが出回った影響もあり、これによって今後は【インフェルニティ】に対しての警戒が強まることは確実と思われる。

続きを読む

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

春季CS結果まとめ

※詳細なデッキレシピが知りたい方はCS、もしくはデッキ名をクリックして下さい。
はねまんCSは近日公開後に再度編集かけます。(3/23 23:20、東海CS更新)

神戸CS
1位:剣闘獣
2位:暗黒魔轟神
3位:旋風BF
4位:墓守ディーヴァ

・横浜CS
1位:旋風BF
2位:旋風BF
3位:インフェルニティ
4位:旋風BF
5~8位:TOD、ガジェ、旋風BFx2

・浜松CS
1位:旋風BF
2位:インフェルニティ
3位:次元剣
4位:旋風BF
5~8位:フェニックスナイツ、儀式天使、旋風BF、魔轟神

・茨城CS
1位:旋風BF
2位:旋風BF
3位:ライロBF
4位:ライトロード
5~8位:光ハイビ、光アンデ、融合HERO、旋風BF

ISDCS
1位:インフェルニティ
2位:旋風BF
3位:光ハイビ
4位:旋風BF
5~8位:インフェルニティ、ライロBF、旋風BFx2

はねまんCS
1位:光ハイビ
2位:インフェルニティ
3位:剣闘獣
4位:インフェルニティ

東海CS
1位:ライトロード
2位:旋風BF
3位:ライトロード
4位:ガジェ
5~8位:インフェルニティx2、旋風BFx2

・山口CS
1位:インフェルニティ
2位:旋風BF
3位:旋風BF
4位:メタビ(ファルコンループ)
5~8位:インフェルニティ、旋風BF、ライトロード、HERO帝

続きを読む

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

『大帝国』を応援しています! 『大帝国』を応援しています! 『大帝国』を応援しています!
プロフィール

ゆき

Author:ゆき
元日本代表と思わせつつ、ただのなじられてのびる凡人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。