スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTGのデッキは60枚

一回目から他のTCGと比較する辺り、ブログの方向性が良く分からない。

タイトル通り、MTGのデッキは60枚以上で組まなければならない。
それに対し、遊戯王は40枚以上(60枚以下)であれば良い。
が、両者とも上位に絡むほぼ全てのデッキは下限の60or40枚で組まれている。

これは、デッキ枚数が少ないことが、勝ちに繋がるカードを引きやすいことに直結するためなので特に触れない。
そして、もう一つ共通するのが『パワーカードは限度一杯まで投入』されていること。
これも勝率を上げるために当然の構築であるが、MTGではこれと逆にシルバーバレットという戦術も存在する。
要するに、構築段階から様々な状況にサーチカード一枚で対応できるようにする戦術だが、サーチカードの弱い遊戯王では実現性は薄い。
メジャーな《封印の黄金櫃》もシルバーバレット戦術には致命的なタイムラグがあり、妨害される可能性もある。

しかし、この戦術を使うまでもなく遊戯王のデッキ枚数はMTGに比べて格段に少ない。
つまり、サーチカードを使うまでも無く1枚でも入っていれば引ける確率は充分にあるということ。

だから、遊戯王は「ピン挿し」と「入っていない」の間に大幅な開きがあるカードゲーム。

例えば【ガジェット】に《貪欲な壷》が1枚でも有れば、全てのモンスターが尽きても勝ち目があるし、【次元エアトス】に《魂を喰らう者 バズー》が有れば3/40を占める《ガーディアン・エアトス》が腐るのを防げる可能性があるということ。
特に後者は、デッキに存在するだけでプレイングにゆとりができることもポイント。


また、【ガジェット】や【ライロアンデ】などの42~3枚でも問題なく動くデッキが強いのは、デッキ枚数の増加で多彩なカードを獲得し、柔軟な対応が可能だから。
こういう目線で見ると、面白い構築が見えてきそう。
何が言いたいかと言うと、【次元エアトス】の《魂を喰らう者 バズー》はガチというだけ。w
無駄に長くて堅いだけの文章書くのは今回が最初で最後のつもりなので以降はご安心ください。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありがとう!w

> momoさん
初コメあざーすw
性能は及第点なのに、名前で損してる可哀相なカードだと思ってます。
『大帝国』を応援しています! 『大帝国』を応援しています! 『大帝国』を応援しています!
プロフィール

ゆき

Author:ゆき
元日本代表と思わせつつ、ただのなじられてのびる凡人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。