スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新禁止・制限予想

実際は書いてる段階で確定ソース手にしている層もあるわけですが。
かと言って今が「予想として」書ける最後の週なのに書かないのもどうかな、ということで。

【新禁止】
・《氷結界の龍 ブリューナク》
GS再販、HA発売と来て売り上げ関係には充分貢献したのでタイミング的には丁度良さそう。
カードパワー面でも、【ライロアンデ】筆頭に主流なループ1killの核だし。

・《ダーク・アームド・ドラゴン》
個人的には好きなカードであるが、理不尽な効果であることも確か。
回を追うごとに規制が厳しくなっていることからも考えて妥当かと。

・《ゾンビキャリア》
2(3)枚の「道連れ禁止」カードは作ってしまうものの、本来この位置に来て然るべきカードのはず。
そろそろ「アンデッド族のチューナー」をリデザインする必要があると思われる。


【新制限】
・《裁きの龍》
【ライトロード】の強さを成す要素は、他の部分が大きいとは言え、カードパワーで考えればこの位置で当然のはず。

・《光の援軍》
アドバンテージが増える可能性を秘めたサーチカード。何かがおかしい。

・《ネクロ・ガードナー》
良カードではあるものの、【ライトロード】の屋台骨なので。

・《スターダスト・ドラゴン》
あまりにも優遇された関連カード群の存在から。

・《闇の誘惑》
《黒羽の宝札》の存在から。

・《トラゴエディア》
一部デッキの否定に加え、デッキタイプによってはミラーマッチにおいて「引いた者勝ち」になりかねないので。

・《ダーク・グレファー》
【インフェルニティ】そのものに規制をかけることはしてこないと予想。
しかし、散々悪事を働いたこのカードならかかる可能性もあるかな、と。

・《オネスト》
戦闘の否定は遊戯王の目指す方向性ではないと思われる。

・《死のデッキ破壊ウイルス》
帰ってきた場合【インフェルニティ】が鬼のように強化されるものの、環境に対するこのカードの存在は必要悪だと捉えてます。


【新準制限】
・《異次元からの埋葬》
毎度の如く勘違いする会社なので、準で留めそうかな、と。

・《スキルドレイン》
GS組から最も規制が危ぶまれるカード。

・《剣闘獣ベストロウリィ》
そろそろ戻ってきても良いかな、と。元々《剣闘獣ガイザレス》は存在が強いカードってだけだし、《スターライト・ロード》の登場で最近は1枚しか割らないという選択を余儀なくされるパターン多いので。

・《召喚僧サモンプリースト》
無いとは思うものの、願望枠ということで。

【制限解除】
《血の代償》《氷結界の虎王 ドゥローレン》《闇の仮面》
まぁ使われてないし。。。
《闇の仮面》に関しては《A・ジェネクス・バードマン》の登場で多少株上がりそうな予感はするものの、次回の環境も恐らく高速と思われるので。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

『大帝国』を応援しています! 『大帝国』を応援しています! 『大帝国』を応援しています!
プロフィール

ゆき

Author:ゆき
元日本代表と思わせつつ、ただのなじられてのびる凡人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。