スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜CS使用デッキ

結果残せなかったから、理論というより反省。

モンスター(25枚)
冥府の使者ゴーズ
裁きの龍(ジャッジメント・ドラグーン)×2枚
虚無魔人(ヴァニティー・デビル)×2枚
ライトロード・マジシャン ライラ×2枚
ライトロード・ビースト ウォルフ×2枚
ライトロード・ハンター ライコウ
ライトロード・パラディン ジェイン
ライトロード・サモナー ルミナス
ライトロード・エンジェル ケルビム×2枚
ライトロード・ウォリアー ガロス
ネクロ・ガードナー
トラゴエディア
ダーク・アームド・ドラゴン
ゾンビキャリア
カオス・ソーサラー
オネスト×2枚
D.D.クロウ×3枚

魔法(13枚)
大嵐
洗脳-ブレインコントロール
死者転生×3枚
光の援軍
月の書×2枚
闇の誘惑
ソーラー・エクスチェンジ×3枚
おろかな埋葬

罠(2枚)
王宮のお触れ×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・O・J フィールド・マーシャル
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
スターダスト・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
マジックテンペスター
ライトニング・ウォリアー
レッド・デーモンズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ×2枚
氷結界の龍 ブリューナク

サイドデッキ
クロス・ソウル
サイクロン
ライオウ×3枚
ライトニング・ボルテックス×2枚
ライトロード・ハンター ライコウ
激流葬
砂塵の大竜巻×2枚
自律行動ユニット
天罰×3枚

続きを読む

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

新制限雑感#2

体感的に回転速度が速い順。

▼【インフェルニティ】
速度、攻撃力は環境トップ。しかし、早々とトップメタに昇りつめた結果、大概のデッキに《D.D.クロウ》が標準装備になったことが問題。
また、意外に《王宮のお触れ》が刺さりやすいデッキのため、これまでの高速系デッキには無い弱点も。
そのため、大型CSなどで勝ちきるためには、相当の練習量、構築の練り込みが必要と思われる。
文面上は否定的に見てますが、トップメタを容易に維持し続けられる程度のデッキパワーを持ってるのは事実だと思います。
正直な所、普通の公認では一番優勝しやすいジャンルでしょうし。

▼【カエル】
【インフェルニティ】と比べ《ライオウ》《D.D.クロウ》などの妨害に強く、《水霊術-葵》によってこちらから妨害が行えるのも魅力。
【インフェルニティ】との対比は、以前の環境で言う所の【SDL】と【シンクロアンデ】の関係に似たものを感じます。

▼【魔轟神】
自分から《ライオウ》《D.D.クロウ》を投入し、妨害が可能なのは長所。
しかし、アド損から始まりつつも【インフェルニティ】より遅いのが勝ち抜く上では致命的かと。

▼【植物】
カジュアルの領域は完全に脱したものの、【魔轟神】より更に【インフェルニティ】の下位互換になりやすいのが欠点。

▼【ライトロード】
防御力の大幅低下はあるものの、依然として有力なアーキタイプ。
モンスターの土台がしっかりしていることで、変則構築に耐えられるのが最大の長所で、上位デッキに対して効果的なメタカードである《虚無魔人》《ライオウ》《D.D.クロウ》《王宮のお触れ》の4種を無理なく投入できることも魅力。
個人的には《シールド・ウォリアー》の投入を考えても良い時期に差し掛かってる気がします。

▼【儀式天使】
初手で《神光の宣告者》と《大天使クリスティア》を並べてゲームセット
という動きが非常に強力。それでなくとも、体感6~7割は初手で出てくる《神光の宣告者》が【インフェルニティ】以下の高速デッキに対して非常に効果的。
欠点は、総じて先行ゲーになりやすく、デッキ内の固定パーツが多すぎるため、サイド構築が難しい所か。

▼【旋風BF】
弱いわけではないが、新しいアーキタイプが出現する際の登竜門、要するに『最低限勝てなければデッキではない』という環境の指針的役割。
使われると強く感じるが、使うと微妙なデッキの典型例だと思います。

▼【Sin墓守】
メタ路線の第一人者、という印象。某カードが無理なく投入可能であり、そこそこの爆発力も兼ね備えているのが魅力。

▼【剣闘獣】
殆どのデッキに対して不利しか付かないと感じました。


▼【メタビート】
【剣闘獣】よりはマシ、という程度。《ライオウ》と《王宮の弾圧》を維持できなくなった時点で死が見える。

続きを読む

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

新制限雑感

まずは今回移動したカード郡の感想から

・新禁止なし
実は、禁止追加、解除ともに移動無しなのは初めてのことだそうで。
企業的にはゲームバランスの調整が上手く行ったと思ってるということでしょうか。
ユーザー的には1枚程度は禁止解除されないとモチベ上がらなさそうですが。


・制限カード
▼《カオス・ソーサラー》
元々禁止から解除された時期が悪かったために使用率が低かったので、この位置で妥当。

▼《トラゴエディア》
妥当。

▼《ネクロ・ガードナー》
良く規制かけたと思う。他2種はともかく、これの規制が【ライトロード】に与えた打撃は計り知れない。

▼《ネクロフェイス》
色々と問題児でしたしね、妥当でしょう。

▼《馬頭鬼》
正確には《異次元からの埋葬》が強いわけで、あちらが制限であればこちらにまで規制かける必要性薄いと思った。

▼《ライトロード・サモナー ルミナス》
【ライトロード】がどれだけ無茶な構築をしてきても支えてきたカード。企業側もようやく【ライトロード】の根幹を理解してくれたということでしょうね。

▼《異次元からの埋葬》
妥当。

▼《おろかな埋葬》
【インフェルニティ】に対し多少規制がかかる、という意味では非常に上手いと思いました。

▼《デステニー・ドロー》
《無の煉獄》とか出ましたし、1kill関係を先回りで規制するのは面白いと感じました。

▼《光の援軍》
まぁ元々無くても回せる人は回せますしね・・・ 【ライロアンデ】【ライロBF】のような亜種を駆逐するには丁度良いのでは。

▼《闇の誘惑》
その発想は無かった。

▼《マジカル・エクスプロージョン》
遂に・・・という感じ。欲を言えば禁止にすべきと思いますが。

・準制限カード
▼《オネスト》
妥当。

▼《サイバー・ドラゴン》
カジュアルプレイヤーの要望、【メタビート】系列が台頭してきたことへの解答かな・・・?

▼《終焉の王デミス》
まぁ今《高等儀式術》使う対象って某天使ですしね。

▼《ダンディライオン》
【帝】人気の反映か。個人的には【植物】台頭を危惧してますが。

▼《黄泉ガエル》
同上。こちらは【ガエル】強化の分、更に厄介ですが。

▼《黒い旋風》
良く【BF】に規制入れる気になったな、と。運ゲーの象徴みたいなカードですし、妥当でしょう。

▼《団結の力》
Hataさんおめでとうございます!

▼《王宮のお触れ》
▼《王宮の弾圧》
▼《スキルドレイン》
これら3種の規制はやはり、行動抑制がこのゲームのデザインにそぐわないということでしょうね。
はっきり言って辞めて頂きたいですが。


・制限解除カード
▼《闇の仮面》
使用率低下してますしね。

▼《地砕き》
今回、一番時代の流れを感じた1枚。
【除去ガジェット】で世界行った身としては歓喜です。


長くなったので4時間後に雑感書きます。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

新禁止・制限予想

実際は書いてる段階で確定ソース手にしている層もあるわけですが。
かと言って今が「予想として」書ける最後の週なのに書かないのもどうかな、ということで。

【新禁止】
・《氷結界の龍 ブリューナク》
GS再販、HA発売と来て売り上げ関係には充分貢献したのでタイミング的には丁度良さそう。
カードパワー面でも、【ライロアンデ】筆頭に主流なループ1killの核だし。

・《ダーク・アームド・ドラゴン》
個人的には好きなカードであるが、理不尽な効果であることも確か。
回を追うごとに規制が厳しくなっていることからも考えて妥当かと。

・《ゾンビキャリア》
2(3)枚の「道連れ禁止」カードは作ってしまうものの、本来この位置に来て然るべきカードのはず。
そろそろ「アンデッド族のチューナー」をリデザインする必要があると思われる。


【新制限】
・《裁きの龍》
【ライトロード】の強さを成す要素は、他の部分が大きいとは言え、カードパワーで考えればこの位置で当然のはず。

・《光の援軍》
アドバンテージが増える可能性を秘めたサーチカード。何かがおかしい。

・《ネクロ・ガードナー》
良カードではあるものの、【ライトロード】の屋台骨なので。

・《スターダスト・ドラゴン》
あまりにも優遇された関連カード群の存在から。

・《闇の誘惑》
《黒羽の宝札》の存在から。

・《トラゴエディア》
一部デッキの否定に加え、デッキタイプによってはミラーマッチにおいて「引いた者勝ち」になりかねないので。

・《ダーク・グレファー》
【インフェルニティ】そのものに規制をかけることはしてこないと予想。
しかし、散々悪事を働いたこのカードならかかる可能性もあるかな、と。

・《オネスト》
戦闘の否定は遊戯王の目指す方向性ではないと思われる。

・《死のデッキ破壊ウイルス》
帰ってきた場合【インフェルニティ】が鬼のように強化されるものの、環境に対するこのカードの存在は必要悪だと捉えてます。


【新準制限】
・《異次元からの埋葬》
毎度の如く勘違いする会社なので、準で留めそうかな、と。

・《スキルドレイン》
GS組から最も規制が危ぶまれるカード。

・《剣闘獣ベストロウリィ》
そろそろ戻ってきても良いかな、と。元々《剣闘獣ガイザレス》は存在が強いカードってだけだし、《スターライト・ロード》の登場で最近は1枚しか割らないという選択を余儀なくされるパターン多いので。

・《召喚僧サモンプリースト》
無いとは思うものの、願望枠ということで。

【制限解除】
《血の代償》《氷結界の虎王 ドゥローレン》《闇の仮面》
まぁ使われてないし。。。
《闇の仮面》に関しては《A・ジェネクス・バードマン》の登場で多少株上がりそうな予感はするものの、次回の環境も恐らく高速と思われるので。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

Sinスタダ墓守

モンスター(17枚)
墓守の末裔×3枚
墓守の偵察者×3枚
墓守の司令官×3枚
墓守の暗殺者(アサシン)
神獣王バルバロス×3枚
ダーク・アームド・ドラゴン
Sin(シン) スターダスト・ドラゴン×3枚

魔法(11枚)
月の書×3枚
禁じられた聖杯×2枚
王家の眠る谷-ネクロバレー×3枚
闇の誘惑×2枚
サイクロン

罠(12枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
次元幽閉×2枚
スターライト・ロード×3枚
スキルドレイン×3枚

続きを読む

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

『大帝国』を応援しています! 『大帝国』を応援しています! 『大帝国』を応援しています!
プロフィール

ゆき

Author:ゆき
元日本代表と思わせつつ、ただのなじられてのびる凡人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。